新しいめがね

ひさしぶりに眼鏡をつくった。前につくったのは白山眼鏡店がまだアメ村にあったころだから、10年ほどは昔のはなしになる。そもそもは今年に入ってから仕事で小さな字を読むのが見づらくなってきてしまったのであった。これはあれか、老眼というあれが、早く…

カレーとおじさん

どんな店でもカレーを注文するのがオタクの特徴のひとつであると、なにかで読んだ記憶がある。その伝でいえば、かちょうさんにもオタクの素質はあるように思う。きょうも昼食をとったカフェで、迷うことなくキーマカレーを頼んだったです。 ランチのメニュ…

父が消えた

そろそろこども部屋というのを用意していかんとな……という話を妻としていて、物置部屋になっていた一室をしばらく前から片付けはじめて、とうとうこども用の二段ベッドが導入されました。どんどん家がせまくなる。 しかし考えてみるに、かちょうさんのパーソ…

CJの卒園式

先週、CJの卒園式があった。すくすくと背が伸びてもう124センチメートルあるらしく、卒園するクラスの子たちのなかでもひときわ目立つ。来月には7歳になる。7年まえに生まれて最初に抱き上げたときは紫色の顔をしていて、顔合わせもそこそこにNICUに入ったこ…

バッド・テイスト・ライジング

きみたちは、セブンイレブンでアイカツ!のスタンプラリーを実施中であることをご存じだろうか。何を言っているのかと思われるかもしれないが、だいじょうぶ、僕もよくわかっていません。問題は、応募封筒をセブンイレブン店舗に設置されている箱に投函する…

連休のことごと

日曜日にさらっと東大寺に行ってきました。最近はすこし遠出するときには、おさがりのコンデジをダッフィーのポシェットに入れて常に携帯するCJ。東大寺でも仏像や鹿の写真をばしばし撮りまくっておりました。このまえ東大寺に来たときはCJもまだいなかった…

JJ撩乱

一週間ほど前にJJが3歳の誕生日を迎えました。おなじころのCJよりも本を読んだり、話したりすることは遅れているようにも思うけれど、そのぶん感情の発露はわりとストレートというか、姉妹でもけっこう違うもんだなと、あたりまえのことを感じています。 先…

ちりちりの髪の毛

大人になって素敵なことはたくさんあるけれど、表立って人と争うことが少なくなるのはいいことだと思うし、何より争いの解決法として「なんや、ちん毛みたいな頭しよって」なんて言う奴がまわりにいなくなるのは、とてもすばらしいことだと、かちょうさんは…

take a walk on the mild side

ミニバンというのは、おそろしい自動車だと思う。もともとクルマにこだわりはなく、人と荷物を運べればなんでもいいだろうと、JJがやってきたときに必要にせまられてトヨタのアイシスに買い替えたんですけど、みごとに一人でちょっと遠出することがなくなり…

休みの一日

結婚記念日は週末だけど、こどもたちがいるとそれどころでもないので二人でランチでも食べに行こうよ。妻とそう示し合わせて休暇をとったけれど、ウィークデイの休日というのも何かと用事はくっついてくるものです。保育園にこどもたちを送って行ってからま…

少女CJ

すこし前のことになるけれど京都で仕事があった日、たまたま古い友人も京都にいると聞いたので帰りに会いにいくことにした。出町柳駅すぐ近くのアパート2階にある店で間借りして商いをしているというので顔を出し、ついでにその店でいくつか買ってみたものの…

4月のパリ

勤務先の旅行でパリに行くことになった。そしたらなぜかCJがついてきた。 使わなくなったコンデジを貸してあげて、いろんなものをシュートしていた。「パリ、おもしろい?」と訊いたら、「おもしろいねえ」と答えた。パン・オ・ショコラさえあれば食べるもの…

さよならダイアリー

ふと気づけば、はてなダイアリーで日記を書きはじめてから10年が経っていたのでした。最初のエントリは2003年3月15日。結婚して大阪で暮らしはじめて、まだ1年も過ぎていないころ。CJもJJも、まだもちろんいません。なんかもう考えられないね、そんなころの…

漢字が書けない

深夜の台所でたたずんで、ふと感慨にふける。ああ、僕はいつのまにか漢字を書けないひとになってしまったなあと。 こどものころ、たとえば母が買い物の覚え書きに「ブタ肉」「トーフ」などと記しているのが不思議でしかたがなかった。豚肉をブタ肉と書いて、…

1巻だけ買ってみる

続きもののマンガや小説の買いかたについて、僕と妻の態度はすこし異なります。 このまえ帰宅したら「おはようおかえり」というマンガの1巻が置いてあったのですが、話を聞くともうすでに4巻まで刊行されているらしい。えっ、じゃあ234巻はどこにあるの? え…

こどもはずるいな

きょうは生まれてはじめて、サファリパークに行ってきました。僕の想像では、園内でバスかなんかに乗って動物たちを眺めるものと考えていたのですが、なんかじぶんたちの自動車でそのまま乗り入れるという趣向のものであり、結果として運転ばかりして疲れた…

猫とセレブリティ

きょうは休日だったので、こどもたちを保育園に送っていったあと、掃除は念入りにしたけれど、それ以外は本を読み、インターネットをだらだら眺めて過ごしました。 そのうち辿りついたのがChats des célébritésという、猫と有名人がいっしょに写ったポートレ…

JJの右傾化

ナショナリズムのあり方が問われる昨今ですが、わが家にも右傾化の風が吹いています。2歳児に。右翼思想への若年層からの共鳴がめだつといっても、ちょっと若すぎるんではないのか。 そもそもは、すっかり記憶のかなたに追いやられた感もあるロンドンオリン…

マルや

猫と暮らすことになった。そもそもは妻と、3人めのこどもはうちに来るのかねえという話をしていたのだった。もちろん来るものを拒むはずはないけれど、また女の子だったらいよいよ父の居場所がなくなるんではないかと恐れもし、いや、ここは確実に男の子を迎…

ピアノレッスン

土曜日の午前中にCJを自転車のうしろに乗せて出かけた。公園を突っ切っていくと早いんだよ、マクドナルドのところで信号わたって、絵が描いてあるお店のところを曲がるの。ちーがーうー! ほんとはいまの道を曲がらないとだめなの! うしろのシートからの喧…

わたしのピアノ

CJがピアノに興味しんしん丸である。妻がこどもたちを連れて実家に帰ったときに従姉の発表会を見たりだとか、まあその他もろもろあって、保育園で色紙を使ってピアノをフルスクラッチするに至ったわけです。しかしさすがに自立せず、家に持って帰ってきたの…

厄払い2011

かちょうさんの厄年が終わろうとしています。いろんなことがあった一年だったけれども、じぶんと妻子に限ればおおむね健康で笑って暮らしていました。しかしそんなほんわか家族に厄年の怒りは有頂天、年の瀬が迫るにともなって周囲の道具たちが身代わりにな…

『ぽかん』2号

先週末は犬山の温泉に出かけてました。ひとり暮らしを営むおじいちゃん(僕の父)はげましツアーというのを趣旨としつつ、犬山城も楽しみにしていたのだけれど、激しい雨にみまわれて国宝見物どころではありませんでした……。早々に旅館にチェックインしてご…

そして誰もいなくなった

おひさしぶりです。スティーブ・ジョブズが亡くなりましたけど、まあ今年はたくさんの人がいなくなるなと思う。7月の終わりに僕の母もミスター・ジョブズとおなじ病気で亡くなって、寝ずの晩をつとめた夜のタイムラインはミュージシャンとSF作家の死をいたむ…

JJのたびだち

いろんなところへ行くようになりました。 まもなく妻が仕事に戻るため、今週から保育園へ娘たちを送りとどけている。JJの出産休暇に入ってから送り迎えはすべて妻がしてくれていたので、およそ一年ぶりである。JJを自転車に乗せるのはまだ不安なためエルゴで…

母の日に

妻にあげる花束を買いに、近所の花屋さんに出かけた。数日前からCJと母の日はどうしようねーという話をしていたんですけど、彼女はテレビドラマでけんたくんがしているのを見た「カーネーションを一輪あげる」という行為が印象深かったらしく、お花をあげた…

Carpe diem

きのう、ひさしぶりに写真を撮った。夕闇がおりてくるころにあかりをともした、ふつうの部屋の写真。年をとるといいかんじに鈍感になってきて、じぶんが死なないような気がしてくるけれど(宇野千代化)、それはやっぱり錯覚だよねーと、ときどきわれにかえ…

ほめことば

かちょうさんは、わりと他人のほめ言葉はすなおに受け取ることにしています。おおざっぱにいって、そのほうが気分がよくなるからなのですが、それでも、あんまりそのまま受け取らないほうがよい場面もあるということも心得ています。「このまえ洋服買いに行…

あれはロボット

昨年末におそうじロボが家にやってきました。これの働きぶりがなかなかかいがいしく、すこぶる評判がよろしい。きれい好きの妻も満足、CJも「ルンバがんばれー!」と、惜しみない声援をおくっています。まあ、その気持ちもわからんではない。電源を入れると…

2011年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。 年末年始はテレビで歌番組など観る機会が増えるわけですが、CJがなかなか熱心に観るようになっております。AKB48とかKARAとか、だいすきみたい。こいびといじょうともだちみまん〜とかまちがえて歌う。なんだそれは。そし…

『ぽかん』という雑誌

大阪・北堀江の貸本喫茶ちょうちょぼっこの真治さんが『ぽかん』という雑誌をつくりました。僕も書かせていただいています。ある日とつぜん真治さんから、書きませんかという話をいただき、安請け合いがとくいなのでオッケーよと進んだしだいです。かちょう…

店をひらく

いらっしゃいませ、いらっしゃいませ、なにがいいですか。店びらきをはじめたCJに尋ねてみる。あのう、ここは何屋さんですか。あのね、本屋さんだけど、うちわも売ってる、チョコチップクッキーのお店です。へえ、じゃあね、本は読んだことあるやつばっかり…

CJの映画人生・濫觴篇

きのうはCJと映画を観にいってきました。「ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?」。封切日初回の上映を観にいくなんて、何年ぶりのことであろうか。CJはこの件で「前売り」ということばを覚え、僕たちには「前売り買った?」と…

うわきのサイン

CJによってかたちづくられた不穏なものがたりの現場。 さて、最近のかちょうさんの悩みは、妻との交流がすくないことである。社畜月間に突入してるからって、まあ僕のせいなんですけどね。今週は帰宅するのが日付けが変わってからのこともあり、そうすると妻…

長崎みやげ

先週の後半は長崎で仕事。そんでCJへのおみやげとして長崎の風物をかたどったおはじきを買ってきたら、これが意外と受けがよく、わーかわいー!と歓声をあげて大よろこび。ここまで反応がよいと、買ってきたほうも甲斐があるというものです。 いや、もともと…

かるた

週末は妻の実家を訪れ、妻や娘たちの顔を見てきましたよ。妻はおなかが引っ込んで、次女(JJ)はひとまわり大きくなっていた。そして長女(CJ)は、おそろしいほどにかるたスキルが上達していた。 や、もともとは保育園のはな組でかるたブームが沸き上がって…

次女の訪れ

妻の出産がぶじ終わりました。まあ、最終的には予定日より8日遅れで、終盤そうとうやさぐれてはいましたが……。明日くらいにはすぽっと生まれてるかもよと励ましても、いくら賭けるのよう、などとあまり妊婦っぽくない発言がみられたのも気の迷いということに…

幼女は消しゴムをつかう

週末は東京出張でした。金曜日の夕方に移動して、めし食ってホテルに戻ったらTVでトトロを放映中。そうなー、もうすぐ。もうすぐってほんとにもうすぐなんだけど、ふたりめのこどもが生まれてきて、女の子だったら姉妹ということになるのだよな。そう思うと…

父の日

ことしの父の日は仕事だった。夕方になって家に帰ったら娘が寄ってきて、ロボットみたいな調子で、おとうさん・いつも・ありがとうーと紙包みを渡してくれたのであった。開けてみると中身はシュライヒの仔鹿と仔虎。わーバンビとトラーじゃんありがとうと喜…

怖い日記

さいきんはすっかり朝型人間、早寝早起きのかちょうさんです。なぜかというと、夜、寝かしつけでそのまま眠ってしまって起きられないから。お腹の赤子から眠れビームを出されている妻も、似たような時間に早々と眠ってしまって起こしてくれないから。そんで…

夫婦のきずな

海風にゆれる一輪の花、キュアマリンことかちょうさんです。キュアブロッサムは娘、妻はダークプリキュアです。この連休、娘にはフラワータクトを買ってあげました。すごく気に入って遊んでいますがその本心やいかに。いやだってさー、僕がこどもだったとき…

はじめての映画館

きのうは映画を観にいった。そもそもは妻がTVで流れるコマーシャルを目にするたびに「アリス観にいきたいねえ」と娘に吹き込んでいたのであった。おかあさんスキーな娘はうかうかと策略にはまり、「アリス観にいきたい」と口走るようになり、娘の映画館デビ…

3歳のおそれとあこがれ

娘が3歳になりました。お祝いにあげたオレンジ色のラーニングバイクをいたく気に入って、今週は毎朝6時に起きて公園にいっしょに出かけています。そして老人たちにまじってラジオ体操をする。いままでどんだけ「はやくおきなさい!」ってゆってもぜんぜん起…

2010年の花見

先週末は靱公園と大阪城西の丸庭園、今週末は万博公園と靱公園。ことしは十分満喫したなー桜を。来年あたりはどこか遠くまで花を見にいこうかな。 6ヵ月になった妻のおなか検診によると、どうも女の子っぽいということらしい。べつに男の子を強く希望してい…

読まれること

娘が寝るまえには絵本を2冊読みます。終わったら灯りを消して布団に入って、お話をふたつ。なにか取り決めをしたわけではないけれど彼女にとってそれは既得権益のもようで、たまに今日は1冊にしようかといってみても、がんとして2冊が要求される。まあ、あれ…

育児はむだでできている

きのうは暖かったし自転車で出かけたのでした。曽根崎の「ようび」でうつわを買って、北新地の「とき」でそばを食べて帰宅。書いてみてcalo寄るのわすれてたなーちくしょう。先週末に妻のリクエストでつくったそば粉のガレットを娘に食べさせたらなーんもア…

週末

きのうは昼ごはんを食べてから妻が髪を切りに出かけて、娘にどっかお出かけしようかと訊ねると、動物園にいきたいというので、とつぜん天王寺動物園に行ってきました。地下鉄乗って行こうかって云ったら、ちかてつ! ちかてつ! って大さわぎしていたのに、…

理想の女の子

いなかの町で育ったこどものご多分にもれず、僕もまわりに音楽や小説のことを話せる人はあまりいなかった。べつにそのことで孤独を感じるときはなかったけれども(むしろ図書館や映画館でひとりで過ごす時間なんて心地よいにきまってる)、まあ、なにかしら…

連休のたのしみ

土曜日は午後から散歩に出かけて、grafに置いてあった木版手染めのぬいぐるみを購入。岐阜高山の真工藝がつくっているもので、娘の干支である亥と、ことしの寅。そんで日曜日はなんばへ出かけついでに今宮戎へ。本戎ということですごく人出が多く、おまいり…

The Cost of Loving

みなさんには、愛を試された経験があるだろうか。残業で終電になってコンビニで弁当とビールを購入して帰宅し、さて食べようかとふたを開けたところでかかってくる電話。「やっぱりもう死にたい……」。あっはっは、まいったなーもうこのスーパーエキセントリ…