読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

養老天命反転地

ETC乞食と呼ばるるをおそれず、この週末は名神高速で養老天命反転地へ。
P5103305
P5103261  P5103309
P5103290  P5103271
どれくらいのスケールの施設なのか、おわかりいただけるでしょうか。荒川修作+マドリン・ギンズによるこの公園、ランドアートという範疇に入れてよいものだと思うんですが、アートというかとにかく危ない。すりばち状になっているので、上のほうでこけたりすると、ころころ転がり落ちかねない。おまけにこっちは娘の手を引いたり抱っこしたりでへとへと……、娘がよいしょと僕と妻にそれぞれつながれた両手を挙げたときは、某ブートキャンプを思い出したのであった。ビクトリー!
以前に奈義町現代美術館でおなじふたりの作品「奈義の龍安寺」に触れたとき(id:kacho:20051126)の感想にも書いたんですけど、「苦笑を誘う幼児っぽさを恐れない」姿勢はやはり貴重なものであって、ふつうこんなの作れない。「奈義の龍安寺」は屋内展示ということもあって、まだアートの方法論の痕跡を認めやすかったと思うけれど、もうこっちのほうは風化や植栽の成長が進んでいてどこらへんまでが作家の意図だったのか、よくわからないラフな状態になっているのもすばらしい。気が狂いそう!(ほめことば)
公式サイト:http://www.yoro-park.com/j/rev/index.html