読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cost of Loving

みなさんには、愛を試された経験があるだろうか。残業で終電になってコンビニで弁当とビールを購入して帰宅し、さて食べようかとふたを開けたところでかかってくる電話。「やっぱりもう死にたい……」。あっはっは、まいったなーもうこのスーパーエキセントリックガールフレンドめ。ほとんど手をつけないまま冷めたコンビニ弁当を後に、タクシーで彼女の部屋に向かう午前1時すぎというのは、かなり愛が試される瞬間である。
あるいは、申し分のない彼氏とつきあって2年、結婚かなあというかんじでそれぞれの両親にあいさつもすませたとしよう。休日昼下がりのカフェで、もう、ほんと見てらんなかったとおどけ合うふたり。ふと彼氏が、ねえ、こんど一回おむつ履いてくれない?とつぶやく。え、なにそれもうー。聞き間違えか、冗談のつづきと思って取り合わないあなたに、いっぺんそういうのやってみたくってと彼氏は真剣な表情でたたみ込んでくる。これも愛が試される瞬間ではないだろうか。
前置きがながくなりましたが、僕もこのまえ愛を試されました。全身げろまみれの女性に抱擁を強要されるというね……。つまり娘なんですが。年末に実家に行ったときに、高速を降りてしばらくしてからでろでろでろーっとやってしまったのです。サービスエリアでおっきなソフトクリームをひとりじめしてたので出ること出ること。あわてて車を停めて様子を確かめたものの、なんともしようがなく、窒息の心配はなさそうだからそのまま実家に向かって到着したところで、えんえん泣きながら「抱っこー」ですよ。いや、お願い、歩こうよ。「抱っこー」。しょうがないなー。あいだにタオル一枚はさんだのは、まだ愛が足りない証拠かもしれません。
とまあ、そんな年末年始をすごして、あけましておめでとうございます。遅まきながら。年末にひとつ歳をとって、今年は前厄となりました。ちなみに妻は後厄。はじめて会ったときはおたがい二十代だったのにねえ……。それはともかく、御霊神社に初詣して娘に代表しておみくじ引かせたらめずらしく大吉だったんでした。ぶじ一年過ごせますように。みなさまにもよい年になりますように。