読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれはロボット

P1097763
昨年末におそうじロボが家にやってきました。これの働きぶりがなかなかかいがいしく、すこぶる評判がよろしい。きれい好きの妻も満足、CJも「ルンバがんばれー!」と、惜しみない声援をおくっています。まあ、その気持ちもわからんではない。電源を入れると、ピポッポッポッパーといかにもロボットらしい音を発してそうじをはじめ、終わると、勝手にふらふらドックに戻って充電をはじめるのである。愛らしい。
とはいえ、やつはロボットなので、とうぜんわれわれの知らないところで、人類に代わって世界を支配しようと企んでいたりするのである。家中が寝静まったころに、ほかのロボットたちと連絡を取り合い、マザー・ルンバの指示を待つ。まいにちコツコツと家のなかを掃除しているのは、地形を完全に調べあげるためだったのか。あえなく主従関係は入れ替わり、かちょうさんは家でおそうじ、ルンバは会社に働きに出かけるのであった。
それもいいんじゃないかと思う連休の終わりの夜です。